第2回 環境セミナー「食品ロスの削減に向けた取り組みについて」[1月27日(金)]

食品ロスの削減に向けた取り組みについて

 食品ロスの削減は、食糧危機問題、廃棄物の処理費増大、さらには埋立地圧迫、CO2問題などに関わる重要な課題です。
 食品リサイクル法の施行後、食品関連事業者の努力により、食品廃棄物等の発生量は減少していますが、このうち本来食べられるのに捨てられている食品ロスは、今なお国内で年間632万トンと推計されています。食品ロスの削減には、一般家庭での努力のみならず事業者の方の努力も不可欠です。
 本セミナーでは、食品ロスをとりまく現状や取り組みおよび需要予測の高度化による食品ロスの削減事例についてご紹介します。

 

日 時 : 平成29年 1月 27日(金) 13:30~16:30
会 場 : 京都府産業支援センター 5階 研修室 
                  京都市下京区中堂寺南町134(七本松五条下ル)
 

内 容

   「食品ロスの削減に向けて」
    農林水産省 近畿農政局 経営・事業支援部 食品企業課
        食品リサイクル係 久米 良彦 氏

   「需要予測の高度化による食品ロス削減事例について」
    一般財団法人日本気象協会 事業本部
       事業統括部 部長 櫻井 康博 氏

 

定 員

   50名 (先着順。定員を超えた場合のみ、その旨ご本人にご連絡いたします。)

 

参加費

   無 料

 

申込方法

 

申込み・問い合わせ先は、
京都府中小企業技術センター 基盤技術課 化学・環境担当 関
TEL 075-315-8633 FAX 075-315-9497
E-mail kankyo@mtc.pref.kyoto.lg.jp