平成28年度 京都実装技術研究会 第4回例会[2月23日(木)]

 京都実装技術研究会では、第4回例会として、前回例会での講演の一部詳細及び続編となる講演会を開催します。信頼性や電子部品全般に係る技術相談、故障解析、信頼性データ解析、部品調達に係るコンサルティングに携わっておられる講師をお招きして開催しますので、是非、ご参加ください。

日 時 : 平成29年2月23日(木) 13:30~17:00
場 所 : 京都府産業支援センター 5階 研修室

 

テーマ

  「経年劣化等を見越した品質評価および不良解析についてⅡ」(仮題)
    講師 M.A信頼性技術オフィス 代表 本山 晃 氏

 講師は、電子部品や回路の故障率および耐用寿命の推定、電子回路の寿命末期時に不安全になる部品の推定と不安全モードになるストレス印加の方法などを専門とされています。今回は、市場での寿命予測の実際などと、製品が、市場に出てから数年から十年程度経過した場合を考慮した品質評価などについて、ご講演いただきます。

 

定 員

   70名(先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます。)

    ※定員を超えた場合のみ連絡します。
    申込みを受付けた場合、特に連絡しませんので、当日お越しください。
   

参加費

   会員 無料  非会員 10,000円/人(当日支払い)

 

申込方法

  WEBからのお申し込みはこちら

  参加申込票(Word形式:131KB)をダウンロードし、FAXまたはメールでお申込みください。

  申込締切 平成29年2月20日(月)

 

申込み・問い合わせ先は、
京都府中小企業技術センター 応用技術課 電気・電子担当
(京都実装技術研究会事務局)
TEL 075-315-8634 FAX 075-315-9497
E-mail jisso@mtc.pref.kyoto.lg.jp