企業連携技術開発支援事業

事業の概要

(1)目的

次代の新たな事業展開に向け、企業連携等により研究開発などに取り組むグループ等を支援するために、企業の皆様と当センター職員とが協働して技術課題の解決を図ろうとする「企業連携技術開発支援事業」を実施し、中小企業のイノベーション創出を積極的に支援することを目的とします。

(2)応募対象

次代につながる研究開発の提案を持ち、当センター職員と協働して技術開発等を希望される府内中小企業グループ等で、京都イノベーション創出ネットワーク(KIC-Net)に入会されている企業を対象にします。

(3)支援内容

 当センターでは従来、個別の課題に対してその都度相談や測定・分析等に対応してきましたが、今回、研究開発事業の提案に対して、新たに開設した「企業連携技術開発室」を企業の皆様と当センター職員との協働の場として活用し、当センターが保有する基盤技術や評価技術の支援や外部との連携サポート等により、様々な技術課題等の早期解決を目指し、研究開発等の推進を図ります。

 また、企業のネットワーク化をサポートし共同研究開発等を促進するKIC-Netの各種支援メニューを活用いただけます。

(4) 期間

原則1年以内。特に必要があると認められる場合は、最大2年間まで延長可能。

(5) 費用

無料
(支援事業は無料ですが、機器貸付、依頼試験等が必要な場合は、別に貸付料、依頼試験手数料をお支払いいただきます。)

(6) 事業提案

企業連携による新たな製品開発、事業展開等を当センター職員と協働して技術課題の解決を図ろうとする研究開発事業の提案を募集します。府や国の補助金等の外部資金を活用されたテーマについての支援も提案可能です。

(7) 審査

当センターと協働で進める事業提案の審査は、センター内に設置する審査会で行います。

(8) 提案承認の通知

審査の結果、承認された提案については、当センターから文書で申請者へ通知します。